読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波津海岸サイクリング

本日は久しぶりに愛車のクロスバイク「GIANT ESCAPE R3」でサイクリングに行ってきました。

あまり遠くまでは行けませんが、3、4時間ぐらいで帰ってこれるとこってことで、とりあえずは波津海岸を目指します。今日は時折曇る程度の秋晴れで涼しく、まさにサイクリング日和でした。

朝は午前9時に自宅を出発。まずは若松から国道495号線を芦屋方面へ。片側2車線のそこそこ大きい道ですが、車道と歩道の間は狭くダンプカーも多く走るため、少し恐怖を覚えながらもなんとか芦屋競艇場まで辿り着きます。

競艇場からはアップダウンのある田舎道を走ります。普段運動不足の体には上り坂がかなり堪えます。

エッチラホッチラ1時間ほど走ると目的の波津海岸へ辿り着きました。ここは自転車やバイクのライダーがよく休憩しています。

f:id:monoeyes1979:20160913213626j:plain

 

缶コーヒーを買って休憩し、この後のコースを思案します。さらに宗像方面へ行くか、南へ進むか。。。少し考えて、道の駅「むなかた」を目指します。

海風で向かい風を受けながら海沿いを走り、なんとか鐘崎へ。しかし、普段の運動不足の自分はこのあたりで帰りの足に不安が出てきました。このまま進んでしまってはまともに帰れないのでは。。。

ここは意を決して引き返すべきと思い、来た道を引き返します。この時の決断が正しかったことを後になって思い知ります。。。

 

松原から見る海はサイコーに綺麗だった

f:id:monoeyes1979:20160913213718j:plain

 

来た道を引き返し、まずは波津海岸まで戻ります。この時点で少し足にきていました。とりあえず補給が必要かとポプラでおにぎりとアイスを補給します。

さあ、あとは来た道を帰るだけ。のはずが、なぜこんなに上り坂が辛いんでしょう。上りの速度がみるみると低下していきます。歯を食いしばり、坂を1つ超え、2つ超え、なんとか進みます。しかし、ついにその時は訪れてしまいました。とうとう上れなくなってしまいました。。。

泣く泣く自転車を押して歩きます。この時点でまだ芦屋競艇場まで距離があります。道の駅なんて行っていたら往復6時間コースになっていたでしょう。何とかだましだまし走ります。その後も上り坂を一番軽いギアで登りますが、3つほど上れず自転車を押して歩きました。最後の学研都市の上り坂を泣きそうになりながら上り、あとは下るだけです。

ようやく帰ってきたのは12時40分。時間にするとたった3時間40分でしたが、上りが辛くてもっと時間がかかったような気がしました。サイクリングは楽しかったですが、いかに自分が運動不足なのかってことを身を持って実感させられた1日でした。