読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ないものねだり

あれはもう数年前だったか。

その頃の自分は通勤時にYouTubeでアーティストのミュージックビデオを見るのが定番だった。

何と無く見たそのミュージックビデオには冴えない男性とその彼女とおぼしき女性がチャーハンを食べる映像が流れていた。

なんでこのミュージックビデオにはこんな冴えない男を出しているのか。

髪型がもさくて目にかかりまくってるし。

もっとカッコいい俳優とか、バンド自体が出ればいいのに。

そんな事を思いながらも、キャッチーな曲や歌詞に惹かれ、映像を眺めていて気付いた。

この冴えない男がバンドのボーカルであるという事を。

そしてこの時、自分が如何に固定観念に囚われていたのかを思い知った。
バンドマンはみんな容姿がカッコいいわけではないという事を。

ちなみにそれがKANA-BOONというバンドであり、流れている曲名が「ないものねだり」であった。

それからはKANA-BOONのアルバムを買ってライブにも行った。

夏フェスでも見て歓喜した。

「ないものねだり」はKANA-BOONのライブで盛り上がる定番の曲であった。。。

 

人はなぜ、ないものねだりをしてしまうのか。

そんな自分の毛髪は生まれてこの方どストレート。

働き出してからは柔らかくなってきたようだけれど、学生の頃なんて毛根に生命力が満ち溢れ、髪は天を突き刺さんとばかりに生えていた。

なので若い時は基本的には短髪にしてきた。

パーマなんて考えもつかなかった。

そんな自分は今、パーマをかけている。

なぜパーマをかけたのか。

ないものねだりである。

少しだけ髪が伸びたのをいい事に、この機会にとパーマをかけたのである。

あのクネクネっとしたのがカッコいいと思ってしまったのである。

パーマが成功したのかどうか。

毎朝、髪を濡らしワックスをつけてセットしなければならない。

めんどくさい。

子供からは変な髪型と言われる。。。

それでもとりあえず2ヶ月はパーマの状態を保ったので、パーマ代を勘案すると成功したと言っていいのかもしれない。

問題はこの状態をいつまで続けるのか。

また髪が長いままパーマネントをかけて状態を維持するのか。

いっそ前のようにバッサリと切ってスッキリするのか。

別にモテたいわけではない。

ただ、妻にはカッコいい男として見られたいだけなのだ。

そこにほんの少しだけ「ないものねだり」が混じっているだけなんだ。

back numberのボーカル見ながらパーマに憧れたっていいじゃない!

 

僕がCDを出したら

僕がCDを出したら

 

 今週のお題「髪型」