読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重松清「流星ワゴン」

残すところ、今年もあと二日となりました。

年々、年が過ぎるのが早く感じるのは自分が年齢を重ねた証拠でしょうか。

小さい頃は1年がもっと長く感じていたような。。。

 

今回は他のブロガーさんオススメの本の紹介です。

その本は重松清「流星ワゴン」です。

以下あらすじ

死んじゃってもいいかな、もう。。。

38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして自分と同い歳の父親に出逢った。

時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。

やり直しは、叶えられるのか?

 

タイムスリップものです。

主人公は現在の家族関係、仕事の状況に絶望し、死んでもいいと思っていました。

そんな時、不思議なワゴン車に拾われ、不思議な旅に出ます。

過去の分岐点に戻り、自分の知らなかった事実を知る。

前とは違った行動をとり、不幸な未来を変えられるのか?

 

普段はミステリーものが好きなのですが、この本は面白くて一気に読んでしまいました。

また、主人公が38歳、妻と子ありということで、自分ともかなり近く感情移入してしまいました。

ズバリ、この本は特にお子さんをお持ちのお父さん方に読んでもらいたい作品です。

作品では主人公と父親との確執を描いていますが、自分は正直父親と仲は悪くありません。ただ、逆に仲がいいかというと、大学で一人暮らしを始めてから家を出ましたし、小さい頃もそんなに遊んでもらった記憶がないので関係性が低いような気がします。

でもそれは子供の頃の自分の記憶であって、父親の記憶とはまた違ったものなんだと思います。

父親って母親と違って自分の身体から子供を産むわけでもないですし、あくまでも子供との関係性で父親であることを保っているわけですね。

自分は子供にとって良い父親なのか?良い父親って何なのか?

本を読んでいてそんなことを考えました。

そしてもう一つ。

夫婦として、夫はお父さんだけではなく、妻から「男」として見られるようにしないといけないなと。

これは夫婦生活を続けていく上で大事なことだなぁとこの本を読んで改めて思いましたね。

自分では大丈夫だと思っているんですが、妻はどう思っているかは分からないですよね。。。

みなさん、いつでもオスとしての本能を持ち合わせとかないとダメですよ!

最後まで読んで、心安らかな気持ちで読み終わる事ができました。

「流星ワゴン」おすすめです!

 

流星ワゴン (講談社文庫)

流星ワゴン (講談社文庫)