読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦基博 All The Pieces マリンメッセ福岡 セットリスト アンド ライブレポ

音楽

12月23日。

ついにこの日がやってきました!

秦基博10周年記念アリーナツアー@マリンメッセ福岡。

今回は福岡がツアー最終日。俄然期待が高まります!

前日は忘年会でしたが、この日のためにかなりセーブして飲みました。二日酔いなんかになったら楽しめませんもんね。

 

今回も妻の実家に子供を預けて妻と一緒に参戦です。

 16時開場なので14時前に車で北九州の家を出発!

この日は朝から雨が降ったり、あまりいい天気じゃなかったんですが、到着する頃には雨も上がりました。雨降らなくて良かったー。

途中は渋滞もなく快調!

15時30分にベイサイドプレイス近くの駐車場に車を停めていざマリンメッセへ!

とその前に軽く補給をしとかないといけないですね。今日は終わるのが早いので軽めで。

f:id:monoeyes1979:20161223153109j:image

 

ベイサイドプレイスから見たマリンメッセ

f:id:monoeyes1979:20161224100615j:plain

  

近づいてきた。

f:id:monoeyes1979:20161224100722j:plain

 

到着!

f:id:monoeyes1979:20161224100826j:plain

さすがマリンメッセ。沢山の人だかりです。

開場までしばし待ちます。。。

16時に開場。中にはなんか撮影スポット的なものがあったので一応撮っときました。

10周年おめでとう! 

f:id:monoeyes1979:20161224100951j:plain

 

会場図です。

f:id:monoeyes1979:20161224101040j:plain

ステージが奥の配置か〜。ステージが中央の配置だったら結構近かったのになぁ。

スタンドAからどれぐらい見えるかな。。。

 中に入って指定席へ。

f:id:monoeyes1979:20161224101201j:plain

以外に見えるやん!

 

顔までは確認できそうにありませんが、姿は見えそうです。 ヨカッタヨカッタ。

開演まで1時間近くあります。

今回は1曲目は何をやるのかな〜。妄想するのも楽しみの一つです。普通だったら盛り上がる曲をやるんでしょうが、秦くんの場合はしっとりした曲で始まる場合もあるのでどっちが来るかな〜。

17時を少し過ぎて開演です。

さぁ楽しみましょう!

セットリストです。作るのに苦労しました〜。

  1. 青い蝶
  2. キミ、メグル、ボク
  3. 色彩
  4. フォーエバーソング
  5. 赤が沈む
  6. ディープブルー
  7. Rain
  8. やわらかな午後に遅い朝食を
  9. 〜ピースの窓口〜 
  10.  アイ
  11. Sally
  12. シンクロ
  13. Q&A
  14. 終わりのない空
  15. グッバイアイザック
  16. スミレ
  17. メトロ・フィルム
  18. 70億のピース

〜アンコール〜

  1. 朝が来る前に
  2. 聖なる夜の贈り物
  3. ひまわりの約束

 

1.青い蝶

まさかの1曲目。

全然予想していませんでした。

今回のツアーでやるだろうなぁとは予想していましたがまさか最初とは!

この曲はアルバム「コントラスト」でよく聴いたな〜。

ミドルナンバーでじっくりと聴かせてくれます。

 

2.キミ、メグル、ボク

続いてはアップテンプの曲で会場を盛り上げます。

最初はシンクロと勘違いしてました。秦ファン失格ですね(汗

この曲もやると思ってた!

 

3.色彩

引き続きアップテンポの曲で会場を温めます。

これもよく聴いてたな〜。

10周年記念だけあって初期の頃の曲が続きますね。

 

4.フォーエバーソング

ここで一息ついてミドルナンバーでじっくり聴かせてくれます。

アルバム「ひとみみぼれ」にも収録されていますし外せない曲ですね!

 

5.赤が沈む

意外でしたね〜。

この曲やるとは想像していませんでした。

でもカッコイイ!渋い選曲ですね〜。

 

6.ディープブルー

ここでまさかのディープブルー!

驚いた方も多かったのでは?

初期の曲が続いていていきなり最新アルバム「青の光景」からの選曲です。

しかもディープブルー!

この曲好きですけど、まさか10周年記念ツアーの曲として選曲されるとは思っていませんでした。

前回のツアーでも聴きましたけどやっぱいいですね〜。

前の曲が「赤が沈む」だったので、もしかしたら赤と青で対比させてるとか?

考えすぎですかね。

 

7.Rain

これも意外でしたが、妻は予想していました。

今年はまさに「君の名は」が大ヒットしたので、新海誠監督つながりで

映画「言の葉の庭」のテーマソングを持ってきたんでしょうか。

この曲も好きなんですよね〜。

絶対にやらないと思ってたんで、イントロが流れてきた時はやったー!って感じでした。

 

8.やわらかな午後に遅い朝食を

スローナンバーでじっくりと聴かせてくれます。 

 

〜ピースの窓口〜

ここで一旦休憩モード。ライブ中にゲストからのビデオレターを見るっていうのは初めてですね。

ステージからではスクリーンが見えないってことで、秦くんが中央のステージへ。

ってかみんな秦くんの体触りすぎ!

俺もタプタプした?お腹を触りたかったぞ!

ゲストはなんと平井堅

どういう繋がりなんでしょうね。飲み仲間?

関係は謎ですが、ビデオレターは面白かったですね。ノーリスペクト

 

9.アイ

ここから2曲はセンターステージで弾き語りです。

鱗で秦くんを知ってからやっと生で聴くことができました。

秦くんを代表する曲の一つだと思います。

初期の頃だとこの曲と鱗、僕らをつなぐものが代表曲だと勝手に思っています。

いや〜良かったですね〜。しかも弾き語り。

センターステージに来てくれたおかげで結構近くで見ることができました。

うちらのために近くに来てくれたんだと勝手に解釈しておきましょう^.^ 

 

10.Sally

 弾き語りの2曲目は日替わりってことでみんなからリクエストコールが。

自分はdotをリクエストしておきましたが、dotは弾き語りだと曲の良さが出ないな〜と後で気づきました。。。

実際は決まっていたんでしょうが、最新アルバムからSally。

じっくり聴かせます。

いや〜、近くで見れて良かった。

 

11.シンクロ

ここからはまたメインステージに戻ってバンドでの演奏です。

そう!これがシンクロ!

ファーストシングルなんでやっぱ今回のツアー曲としては外せませんよね! 

盛り上げていきます。

 

12.Q&A

 ここでQ&Aです。

やっぱかっこいい!

意外と最新アルバムからもいろんな曲が選曲されていますね〜。

 

13.終わりのない空

この曲もやると思っていましたが、やってくれました!

映画「聖の青春」のテーマソングですね。

Youtubeのショートバージョンをヘビーローテーションで聴いていました。

CD買えよ! 

 

14.グッバイアイザック

 盛り上がる曲が続きます。

ミドルテンポですけどこの曲は元気になれますよね!

意外にもアルバム「Signed POP」からはこの曲だけなんですね。

機会があれば初恋なんかも生で聴いてみたいですね〜。

 

15.スミレ

 さらに盛り上がる曲が続きます。

サビはみんなで踊ります。

みんなよく振りを覚えているな〜と感心しました。

自分はもう忘れてしまって、なんとなく前の方の人を見ながら真似してました(汗

 

16.鱗

はい、きました!

秦くんの代表曲です。

本人が一番歌っていると言っていましたが、自分も過去一番聴いた曲だと思います。

ギターで弾き語りのコピーなんかもやりましたしね。

やっぱ生はいいですね〜。 サイコーです!

 

17.メトロ・フィルム

 チックタックチックタックと静かな立ち上がりで何の曲?と最初分かりませんでした。

これも予想的中です!

 

18.70億のピース

これは今回のテーマ的な曲ですね。曲名にピースも付いていますし。

歌詞もとっても良いですよね。

これもYoutubeのショートバージョンをヘビーローテーションで聴いていました。

複雑なこの世界では世界平和は簡単ではないけれど、みんなが手を取り合い、寄り添えば溝は埋まっていくはず。

世界平和じゃなくてもカップルや夫婦、家族も一緒ですね。

日常が、世界が平和でありますように!

〜アンコール〜

19.朝が来る前に

バスタイムの癒しの時間によくこの曲とdotを聴いています。

このゆったりとした感じがすごく癒されますよね。 

秦くんの曲はスローテンポの曲も多くて、それがまた声の良さと相まって癒されます。

20.聖なる夜の贈り物

やっぱりやりますか! そりゃクリスマスの時期なのにやらない理由はないですよね!

予想通りやってくれました。

素敵な贈り物でしたね!

 

21.ひまわりの約束

最後は秦くんを代表するようになったこの曲です。

この曲やるだろうなぁとは思っていましたが、最後とは思っていませんでした。

確かに一般的にはこの曲は秦基博を代表する曲でしょうが、秦基博ファンからすると

もっとたくさんいい曲があるよ!っていうのがわかっているからもどかしい限りです。

いや、この曲自体はすごくいい曲だと思いますよ。

でももっと素敵で好きな曲がたくさんありすぎて、多くの人にもっと別のを聴いてよ!ってなります。

なので正直、別の曲を最後にして欲しかったなぁ。

でも今の秦くんの代表曲はこれなんでしょうね。

 

まとめ

今回は10周年記念ツアーの名の通り、新旧織り交ぜて懐かしい曲から最新の曲まで盛りだくさんでした。 

帰宅時やバスタイムに秦くんの声で癒されていましたが、生で聴けて本当にサイコーでした。

やっぱシンガーソングライター秦基博の声とギターはサイコーだ!

これからも20周年、30周年目指して頑張って欲しいです。

サイコーの時間をありがとう!

これからも秦くんを応援していきたいと思います!

長文に付き合ってくれた方、ありがとうございました!