読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングに最適なMACとは

ふとiOSアプリの開発について勉強する事を思い立ちました。

今の会社ではなかなかその知識が活躍する機会がなさそうですが、身の回りに

apple製品が増えてきた今、勉強しとていて損はないですよね。

 

しかし!色々調べてみると、どうもMACじゃないと開発できないようです。

大学時代からWindowsUNIXしか扱ってこなかったので、MACについては

さっぱり訳が分かりません。

 

いっちょGoogle先生に聞いて調べてみっか!

     ・

     ・

     ・

はい、さっぱり分かりません。

とりあえずデスクトップタイプとノートタイプがあるのは分かりました。

 

通常だとデスクトップタイプの方がスペックの割には安いはずです。

モニターが別売りのmac miniとモニター一体型のiMacがあるんですね。

  

 

一番安いのはmac miniなんですが、どうも口コミとか見ると

スペック的に厳しいようです。

WindowsPCなら5万出せば普通の作業は問題無いんですけどねぇ。。。

 

とりあえずmac miniは却下ということでそれならiMacか?

しかし、よく考えてみると賃貸暮らしの我が家ではPCを置きっぱなしで

落ち着いて作業できる場所が無いんですよね。

 

しょうがない。ノートタイプを検討することにしましょう!

プログラミングするのであれば、モニターサイズが大きい方が

作業効率が良いんですがね。。。

なんかノートタイプもたくさんあって良く分からん。

MacBookMacBook ProMacBook Air?

 

とりあえずAirは持ち運び重視というのは何となくわかりました。

無印とProの違いって何?バリバリ仕事する人はProって事?

 

とりあえず、デザイナーをやっててMacを利用しているはずの友人に

メールで聞いてみるも、「Airで十分だよ」との有難いお言葉が。

う〜ん、どうしたもんか。。。

 

散々悩んだ結果、MacBook Proにしました。

 

基本的には外に持ち出さないため、Airほど軽い必要はありません。

また、無印のMacBookはどうも拡張性に乏しいようです。 

 プログラミングにはそこまで高スペックなマシンは必要無いんですが

MacBook ProであればRetinaディスプレイのおかげで画面も見やすく

スペック的にも問題なさそうです。

ということで、このマシンでゆっくりとiOSアプリの開発に勤しみたいと思います。